休息

Matida_2008_14126_2

 しろつめくさが青々する、いい季節。

小さい頃、しろつめくさ大好きだったアヤミ。

クローバー畑に座って、腕輪作ったり、冠作ったり、飽きずに長い時間楽しんでたなぁ。

 今でも一面のクローバー畑を見ると、胸が躍る☆

ひなは、未だじっと座ってたりなんて難しいけど、

少しは、しろつめくさで女の子の遊びにつきあってくれたりします。

Matida_2008_14116

 小さい頃の遊びって、いつまでも体が覚えていて、

ひなとの遊びに活きてくる。

 なんでもそうなんだろうな。

すべて、過去の積み重ね。

自分が浸ってきた環境の中で、知らず知らず充実させてきた遊び。

それが現在の、仕事、育児、人との関わり、そういういろいろなものに影響し、豊かにしていくのだとしたら。

ひなも充分に遊んで遊んで、豊かに生きていって欲しい。

一緒になって楽しむことで、ひなの遊び、広く深く充実していくといいな。

Matida_2008_14068_2

|

ひなたぼっこ

Matida_2008_14016

 たまのお休み、大好きなお友達との予定が詰まってます。

ひなの熱も出たり下がったり。

調子を見つつも、一緒がいいし、連れ出して共に息抜き☆

 今日は、ayacoとなおちゃんと。

そしてそして、ひながとっても会いたかったぶーちゃんと。

約束の時間より早く遊びに行って、ぶーちゃんとひなたぼっこデート。

 久しぶりに会う大人たちには、表情を固くしているひなだけど、

ぶーちゃんが傍に来ると、思わずにっこり。

 癒し効果。

田舎道を散歩中、

のんびりした天気、青々とした草花、陽気なひな。

どこまでも走って行けそうに思ったひなは。

草の茂る側溝に、

スットーンと落ちました☆

びっくりしたよね。

怖かったよね。

ちょっと笑っちゃったよね。

水も少なかったので幸い。

大泣きするひなをなだめ、その後の散歩は抱っこ抱っこで乗り切り、

びしょぬれになった靴も靴下も強い日差しですぐ乾き。

ひなも自分で

「どぶに おちちゃったんね~」なんて、話せるように心の傷も回復。

こんなことって、ホントにあるんだ☆

ひなもアヤミも学びました。

世界には、自分の知らない道がたくさんあって、何が待ち受けているかわからないことだらけなんだね。

自分の力が及ばないことも、きっと周りの何かが力をくれる。

できるできる!って思ってれば、きっと何でもできる。

失敗することもあるけど、臆せず、真っ白な気持ちで、自分らしく進んでいきたいね。

どぶに落ちたことから学ぶこと、沢山あるね☆

|

おともだち

Matida_2008_13983

 アヤミもひなも。

環境が変わり、前のようになかなかお友達と遊べなくなってしまったけど。

電話をもらったり。

メールをもらったり。

うれしいお手紙をもらったり。

そして、誘い出してもらったりして、

変わらず仲良くしてくれるお友達がいてうれしいな。

 ひなも、みーちゃん、はーちゃんと久しぶりの遊園地。

Matida_2008_14008

 寒い気候が悪かったのか、体調も悪かったのか、

最初は戸惑い気味で調子の出ないひな。

これまでは、ただただ奔放だったのにね。

少し状況を読んだりするようになったのね。

出会って、一緒に園内を回り、

大好きなメリーゴーランドに2回も乗った辺りから、ひならしくはしゃぐようになってきたよ。

Matida_2008_13994

 何度も上を確かめて、馬が上下するのを楽しんで。

久しぶりにお友達と遊べて、

アヤミもひなも貴重な時間だったね☆

寒くて寒くて、お弁当を食べてすぐ解散になっちゃったけど、

またこれからもちょこちょこ遊んでね。

 当日、現場ではノリの悪いひなでしたが。

あれから何度も

「おうま のったんね~」

「たのしかったね~」

「かんらんしゃ のとこいったね~ みーちゃんと」

と楽しかった感想をたくさん話しています。

スロースターターなのか☆

|

動物園ピクニック

Matida_2008_13915

 気持ちのいい春の日、お友達と動物園に行ってきました。

同じ学年になる、ぴゅあぼうと、みーちゃんと、ひな。

高低差の大きい園内を、元気よくかけ回ってきました。

Matida_2008_13884

 3人寄れば。

個性も全く違い、

お友達との間で、たくさん笑って、たくさん泣いたひなでした。

Matida_2008_13890

 一番先頭で、「みんな~ おいで~」

と、走って回っている自由奔放に見えるひなも、

お友達に「だめ!」なんて言われると

とっても悲しそうに「ひ~~~~~ん」「だめだって~~~」って大声で泣き

敏感な心の持ち主のようです。

Matida_2008_13904

 ホントはそんな時に、笑って受け流せるような強い心を持った子になって欲しいけど。

人の気持ちに敏感で、小さなことにもいちいち傷ついてしまう。

そんなひなを見ていると、自分と似てるな~(苦笑)と思って、

ひなの涙に思わずもらい泣き。

アヤミは、大人でそして親だから、ひなが気持ちを立て直せるように

抱きしめて、こうしたらいいよ?って声をかけるけど。

そりゃ、泣いちゃうよねと、密かに自分も泣いていました。

Matida_2008_13922

 ステキママ達だから、みんなそれぞれ子ども達に言い聞かせて、

優しい気持ちになれるように諭して。

ひなも、だんだんうまくいく関係性を見つけているようです。

自分が少し我慢しようとか、

優しい言い方をしようとか、

自分がしたい!と思ったことをする前に、お友達はどうかな?と聞いてみたり。

この一週間ほどの中で、ひなは確実に心を成長させていました。

親バカだから、そんなひなの姿を見て、また涙が出てしまいます。

そういう優しくて強い気持ちを持って、大きくなって欲しいなぁ。

ひならしい奔放なおおらかさを保ちつつ、

お友達を思いやれるように。

萎縮することなく、心を豊かにしていってね。

|

ディズニー・デビュー!

Matida_2008_13751

 念願だった、ひなとのディズニーランド☆ 行ってきました☆★

ガイドブックを用意し、キャラクターの予習をしながら、

「楽しみだね~」と、ひなと何度も言い合い、笑い合い。

ひなは朝起きたら、「でずにーらんど いこ?」っと何日も繰り返し。

 そして、当日。

Matida_2008_13833

 雨、ときどき曇り。

雨のため、楽しみに待っていたショーが中断になったり、

パレードが中止になったり。

 アトラクションに乗りながら、ずぶぬれになって。

Matida_2008_13828_2

 それでも、キャラクターに向かって手を振るひなを見ると、

楽しんでるかな♪と思って、うれしい。

ひなに負けないくらい、アヤミも手を振りまくりでしたが。

Matida_2008_13773

 ひなにしてみたら、ディズニーでも近所の公園でも、

目の前にあるもので楽しむだけ!

待ち時間も、柵の間でちょろちょろ遊びまわり、

混雑した人ごみの中も、一人勝手に走って行き。

花や噴水を見て喜び。

あの空間、全部を楽しんだはず。

Matida_2008_13859

 ちょこちょこアトラクションも乗って、

たくさん美しいものも見てきたはずだけど、

「ひなちゃん、一番何が楽しかった?」と聞くと、

「おうまさん!」

気に入って、二回も乗ったメリーゴーランドがよかったんだって。

そっかそっか。

Matida_2008_13839

 直に会えたキャラクターも印象深かったようで、

「うさぎさんと、くまさんと、きちゅねさん がね!」

と、思い返して興奮しているようです。

 メインキャラクターがいても、

人気がすごくて近づけないでいたから、

思い出に残るのはサブキャラなのね。

Matida_2008_13841

 初めてのディズニー。

子ども連れでの行動の予習不足で、しかも雨。

もっと楽しみたかった!という思いはある分、

ひなが3歳になる前に、次はディズニー・シー!

と、夫婦の決意を固めました。

 ひなの思い出、どんどん刻んでいこうね☆

|

恒例 ゆず狩り

Dsc_1141

 今年もがんばってきました。

山の上のおばあちゃん家での、本格的ゆず狩り。

行楽ではなく、本気の農作業。 収穫です。

Dsc_1248

 ひなも、非日常の経験が楽しかろうと、一緒に行くも、

「危ないから絶対動いちゃダメ!」と、崖の上で一人待機させられたり。

「ダメ」と言われたことを、忠実に守る一歳児が、ちょっとけなげ☆

待機お駄賃のチョコレートを口に、じっと座っているひな。

 寒い寒い山の畑の朝でした。

Dsc_1228

 去年のゆず狩りでは、

まだ歩けなかったひな。

アヤミの背中におぶわれ、身動きできないでいたけれど。

今年のひなは違う☆

Dsc_1216

 かごの中。

山の上の畑から、家までの道のりを、いい子にかごに揺られていたり。

木の上で切り取られ、落ちてくるゆずを拾い集めたり。

鬱蒼と茂る森の中へずんずん進んで行ったり。

50%は意味不明の言葉を皆にかけながら、

本気ゆず狩りでのマスコットガールとして、皆の心を暖かくしたはず☆

Dsc_1240

 一年に一度だけの、この機会。

生活に密着した、必要のある、でも非日常のイベント。

こういう会が、やっぱり大人も子どもも楽しいよね。

 ひなもこのゆず狩りを楽しみに思ってくれればいいな。

来年は、もっと役立つひなのはず。

Dsc_1274

|

桐生が丘動物園

Dsc_0335

 秋は、動物園に行きたくなる。

暑い夏がようやく終わり、寒い寒い冬が来る前に。

動物園行っておかなくちゃ!と思うから。

 先週も近県の動物園に行ったところですが、

やっぱり近くの動物園も押さえておかなくちゃね。

Dsc_0356

 とってもいいお天気で、ぽかぽか気持ち良く、

動物たちもお昼寝モード。

 そんな中、割と俊敏に動き回っていたお猿が気になるひな。

近くにいた男の子が

「おさるさ~ん!」と呼ぶと、

ひなも真似して

おかあさ~ん!」

あれ?

なんか違うかも?と思いつつも、「さる」という単語は今まで知らなかったから、何と言っていいのかも分からず、照れ笑い。

Dsc_0312

 最近アヤミのことを「まま、おかあさん!」「まま、あ~み~(アヤミ)」なんて呼ぶひな。

教えるわけじゃないのに、周りの人の言葉を聞いていつのまにか覚えるんだね。

パパのことも名前で「○○ちゃ~ん」なんて、アヤミの真似して呼んだり。

きれいな言葉を使わなくちゃな☆ 気をつけなくちゃ。

Dsc_0346

 この動物園、無料なのに主要動物はほとんど揃っているし、

アヤミはけっこうお気に入り☆

パパは、「しょぼいのに人が結構いるね~」なんて言ってたけど、

ひなくらいの子には最適スポットだと思う!

 一年に一回は来たいよね。(五年に一回でいいとパパ。)

また来年会いましょう☆★☆ 

|

こども自然動物公園

Cimg5794

 ぴゅあぼうファミリー御用達、オススメの動物園に行ってきました。

高速に乗ると早いね☆ ETC付けたから安いし、快適☆

時間をお金で買う。 大人になりました。

 広~い園内、動物から動物までが遠い=3

ひなも気ままには歩くけど、ちょっと疲れると抱っこ~。

お弁当におやつに、ひなの着替えに、そしてひなまで加わって、大荷物。

ホント、運動しました。

Cimg5799  

 お目当ては、コアラ!

近場では見られないよね。 わくわくして、一番に向かったけど。

コアラは、よ~く寝ていました。

顔を隠して寝ているから、ひなには「コアラ」認識できたかな~。

ひなの動物記憶リストに加わっていることを願います。

Cimg5850

 うさぎやモルモットと遊んだりできるイベントもあり、

ひなは楽しんでいる様子。

かわいいから触りたい!と思って近づくんだけど、

いざ抱っこしてみると「こわい~」

自分の膝に乗せているときは、固まってしまって

触ったりもできず、ただひたすらじっとしているひな。

 パパが抱っこしてるのは安心なんだけどね。

Cimg5874

 たくさんの動物と触れ合えて、楽しそうなひな。

一生懸命お弁当作って(ちょっぴり上達したよ☆)

来てよかったね。

 大満足で一日中遊んで帰ったのですが。

次の日に、「動物園に何がいた?」

と聞いたら、

「ん~。 ぞうさん!」

・・・いなかったよね?

「あっ! がお~って!」

・・・そういうの、いなかったね?

ひな、全然記憶にないようです。

ぞうさんも、がお~も、その前に行ったサーカスだから!

残念だなぁ。

Cimg5880

|

山形楽しかったね

Cimg4966

 短い旅でしたが、山形楽しかったね。

最初は戸惑ってたひなも、すぐに自分の家のように駆け回り、

飼い猫のチャコを追いかけてみたり、お兄ちゃん達を追いかけてみたり。

おばあちゃん達を探して、あっちの部屋こっちの部屋。

広いお家の中を、すべて駆けつくしてきました。

 ひなの、ホントに楽しそうな笑い声が印象的。

Cimg4973

 どんな所でも、楽しそうなひな。

いっぱい楽しいこと経験して、これからもきっと楽しいことがある!っていう実感が、生きる力になるんだって。

存分に楽しいことを味わって欲しい。

そんなひなを見て、周りの大人も力をもらってる。

いっぱいいっぱい楽しかったね。

|

山寺

Cimg4929

 蔵王から、少し足を伸ばして山寺まで行ってきました。

話に聞いていて、一度登ってみたいと思ってたけど。

想像を超えていました。

全1050段。

最初は快調に、ひなも自分で登ってました。

後ろから登って来る人に謝りつつ、降りてくる人から「がんばれ~」と応援され、

ひなペースで登っていましたが、これじゃ日が暮れる!ということで、

アヤミとパパと、交代でひな抱っこの登山です。

もう、ホントくじけそうでした。

どこまで行ったらゴールなの?! あとちょっと?! 登っても登っても階段。

息を切らして、酸欠状態、手足がしびれる中、やっとやっと山頂まで辿り着きました。

Cimg4935

 しばし休憩。

水筒の飲み物もカラカラとなり、流れる汗を拭くのも、プチタオルしかなく。

しかも、サンダル☆

この山寺登頂、甘く見てました。

全然、準備がなってませんでした。

 パパとママに抱かれて登った山寺、どうですか?

満喫していただけました?? ひな余裕の表情です。

帰りは、パパに抱かれてスタスタ降りていったひな。

アヤミは、どうしようもないほど足がガクガク。先に行く2人を遠くから眺め、

(木々の隙間から、下のほうに2人が見えるんだよ。)

だいぶ遅れて下山。

全然、体力なくなってるのね。 かなりショックでした。

 下山後、パパが「ビリー(ズ・ブートキャンプ)やるより痩せるね」と言っていましたが、

まさにアヤミもビリーだと思ってがんばろう!とずっとずっと思って耐えてきた階段。

夫婦で、考えてることが同じなのね☆

 それでも、山寺は一回のみなので、ちゃんとビリーも続けないとダメよね。

Cimg4937

 思いつきで行ってみた山寺。

けっこうパンチがありました。

 とっても大変だった分、下山後の茶屋がとっても魅力的で。

お土産用の餅やコンニャクや、そして飲み物を必要以上に買い込んでしまいました。

あ~。

いい経験した!

人生豊かになったような気がする☆

|

より以前の記事一覧