« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

大地震 

私の地域では、震度5強ということで、大変怖い思いはしましたが、家族みんな無事に出会えて、家に戻れました。

でも、大変な震災が起こってしまい、日々被害が大きくなっていくのを目の当たりにし、自分がどう考え、何をすべきなのか、気持ちが定まらないまま、何とか毎日を過ごしていました。

テレビやネットでの情報を見ると、どうしようもない事態に心が痛み、「被災していない者はいつも通りに!自分のできることを!」の言葉も自分に納得させることができずにいました。

余震に怯え、家族と離れるのを怖がり、過敏に警戒しすぎる自分。

それが、友達と連絡を取り、みんなテレビを見ては涙しているんだなぁと分かり、自分だけが泣いているんじゃないと思ったら、少し安心して、ようやく家族を守る為に前を向かなくちゃと思えるようになりました。

「災害時のメンタルケア」では、気持ちを文章にしたり、人とコミュニケーションをとることで落ち着く事が出来ると見て、なるほどその通りだったなと実感しています。

***

地震の瞬間、

木造アパートの2階で、いつ外に逃げればいいのか見極められず、ぐらぐら揺れ続ける中で必死にみずきを抱きしめていました。バタバタ落ちる物音にみずきが泣き「大丈夫大丈夫」と自分にも言い聞かせていました。

地震速報を見て、外に避難すると、震えが止まりませんでした。

夫もひなたも大丈夫なのか。

繋がらない夫の携帯電話を何度もかけていました。

ひなたは、帰りの幼稚園バスの中、他の子は降りた後一人になった時だったようです。

慌ただしくしている大人を見て、心細かったようで、自宅に着いてバスから降りて、私の顔を見た途端に涙ぐんでいました。

私も泣きそうな顔をしていたのだと思います。

夫の職場は、大きな機械と沢山の薬品に囲まれていて、「もし地震がきたら、機械の重さで崩れるだろう」なんて、前日に話したばかりで、職場は震度6強もあったと速報で見て、さらにずっと連絡もつかず、本当に胸が潰れる思いでした。

それでも、家族がまた会えた。

だから、ちゃんと前を向いて、復興の一端になるように、通常通りに過ごしていこうと思います。

過度の買いだめをしない。過敏に怯えない。でも家族を守る為に、ちゃんと情報を得て心の準備をする。

皆が前向きに過ごしていけるように祈っています。

***

【災害時のメンタルケア】 引用
 

◆1.今こそ自分自身のメンタルケアを。

今はまだ地震直後であり、だれでもアドレナリンが噴出している時です。こういう時
は何かをしたくてたまらなくなりますが、まずはその自分自身の感覚に意識を向けて
みましょう。細々意識してみることをトラッキングといいます。
自分自身に対するサポートを最初にしてください。

私たちが落ち着いているか、不安エネルギーをまき散らしているかによって、様々な
ことが違ってきます。

◆2. テレビの視聴には気をつけてください。*特にお子様、感受性の強い老若男女
の方々。

身体がだるくなったり、ボーッとしたり、涙が出てきたり、妙な罪悪感が湧いてきた
り、不安状態にある自分に気づいたら、即刻テレビを消すか、必要なニュース速報の
みが流れてくる全く違う番組にしてください。

テレビで繰り返し繰り返し流される悲惨な映像は、非常に強い吸引力を持ちます(と
かく最近のメディアは人々の不安をあおるのが特徴です)。

人によっては催眠にかけられたようにテレビの前から動けなくなる人もいるでしょ
う。

こうした映像に何度も何度も自分をさらすことは、何の役にも立ちません。

***私たちが生きていく為に必要な情報が得られれば、それだけでいいのです!*
**

トラウマの渦の引っ張り込む力はとてもとても強力です。

サンフランシスコ大地震の時は、繰り返されるメディア報道が人々にもたらすネガ
ティブなインパクトは甚大だったといいます。


◆3. 今一番に必要なのは、身の安全を確保することです。
避難場所、食べ物、人々が安全かどうかをチェックすることが優先です。


◆4. そして非常時に最も大切なのは、人とのコミュニケーションです。
人を求めるのは、とてもとても自然なことです。

その時の自分の思いを言葉にして、所属するコミュニティでシェアしたり、身近な人
に伝えてみてください。
もちろん、手段はメールでも構いません。
「メールに書きながら落ち着いてきました。大丈夫です」とおっしゃる方、多いで
す。


| | コメント (0)

パルミジャーノ・レッジャーノ

Imgp0159

 毎晩、チーズ大好きな夫が、パルミジャーノ・レッジャーノをせっせと削り、最高・・・☆と、楽しんでいます。

最初は、臭いとイヤがっていたひなたも、そのおいしさに芽生え、2人で褒め合って食べています。

「前、食べた時はおいしくなかった。きっとあれは偽物だったんだ」

「次は、36カ月熟成の一番大きいやつを買う、絶対」

「パルミジャーノ・レッジャーノを輸入して売る人になりたい」

だって♪

***

大人なのに、ゼリービーンズも大量買いした夫。

ひなたに、「これ、おいしいよ!」と、ものすごいマズイ味を食べさせて、その反応を見て喜んでいます。

こんなに、どうするの・・・と、ダメになる前にお裾分けした方がいいと思うんだけど、コレ、ものすごい着色で、口の中が食べた色に染まる><

うかつにあげられなくて困ります。

***

さて、イベントに向けて着々と準備しています。

みずきを抱きながらでも、出来るものから。

タグや名刺も早々と制作。

チラシは、フラやお料理の教室、雑貨屋さんなど、お知り合いのところから置かせてもらったり。

先日の骨董市では、いつも楽しませてもらってる、店なし雑貨屋さんにも置いてもらえちゃいました☆ 光栄です☆★☆

さあさあ、ギリギリになって追いつめられないように、楽しい気持ちで制作しましょ。

今日も、みずきを膝に、チクチクします♪

Imgp0165

| | コメント (2)

One Day Shop!

Dsc_2667

One Day Shopを企画中です☆

第一回目は、4月28日(木)です♪

お友達のぴーすけさんのこだわりの木のお家で、楽しいもの、かわいいもの、おいしいもの、たくさん揃えてお待ちしていますので、皆さんゼヒゼヒ!

初めての企画、わくわくドキドキ、毎週集まっては、あれこれキャッキャ♪と相談し合い、少しずつ少しづつ進めています。

即行動!のお友達に「よし!私も!」といい刺激を受け、「ああしよう」「こうしてみよう」と、楽しいことを前向きにおしゃべりしながらの時間。

この過程も大事だなぁと感じています。

なかなか、みずきとべったりの私なので、制作の時間をどうにつくろうかしらん・・・と、のんびり構えていますが、企画・運営、ディスプレイなどなど、周りからサポートってことで固めていっていますよ。

もちろん、かわいいもの作ります!

素敵な制作者の方々にも、一緒に盛り上げてもらえるように、(失礼にならないように)声をかけています。(第一回なので、集客ができなかったら・・・と思うと、控えめになっているでしょうか)

私も私も!という方は、ゼヒゼヒ連絡下さい。すっごい喜びます☆

チラシも出来ましたので、お友達のお友達、親しくしてもらってるお店、お配りしたいと思います。

届けに行くし!郵送もするし!欲しいわという方も声かけてくださ~い。

素敵なイベントとして継続していけるように努力しますので、ゼヒ遊びに来て下さいね☆

***  

 One Day Shop  ~紡ぐ~

 2011年4月28日(木) 10:00~15:00

 伊勢崎市赤堀今井町にて

 ブログもありますので、詳細はこちらを見て下さい → 

  Img001_3

 

 

 

| | コメント (4)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »