« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

恒例 ゆず狩り

Dsc_1141

 今年もがんばってきました。

山の上のおばあちゃん家での、本格的ゆず狩り。

行楽ではなく、本気の農作業。 収穫です。

Dsc_1248

 ひなも、非日常の経験が楽しかろうと、一緒に行くも、

「危ないから絶対動いちゃダメ!」と、崖の上で一人待機させられたり。

「ダメ」と言われたことを、忠実に守る一歳児が、ちょっとけなげ☆

待機お駄賃のチョコレートを口に、じっと座っているひな。

 寒い寒い山の畑の朝でした。

Dsc_1228

 去年のゆず狩りでは、

まだ歩けなかったひな。

アヤミの背中におぶわれ、身動きできないでいたけれど。

今年のひなは違う☆

Dsc_1216

 かごの中。

山の上の畑から、家までの道のりを、いい子にかごに揺られていたり。

木の上で切り取られ、落ちてくるゆずを拾い集めたり。

鬱蒼と茂る森の中へずんずん進んで行ったり。

50%は意味不明の言葉を皆にかけながら、

本気ゆず狩りでのマスコットガールとして、皆の心を暖かくしたはず☆

Dsc_1240

 一年に一度だけの、この機会。

生活に密着した、必要のある、でも非日常のイベント。

こういう会が、やっぱり大人も子どもも楽しいよね。

 ひなもこのゆず狩りを楽しみに思ってくれればいいな。

来年は、もっと役立つひなのはず。

Dsc_1274

|

マラソン大会

Dsc_0926

 あぁ。 そんな季節ですね。

マラソン大会。

 アヤミの一番小さい従妹も、もう中学生。

あんなに小さかった、まあちゃんが・・・。

地元の中学なので、応援に行きました。

ひなも手を叩いて 「がんばれ がんばれ」

 澄んだ空気、暖かい日差しの中、一生懸命走る中学生達を見ていると、

あの頃の、せつない気持ちを思い出してしまいます。

 小さい頃は割と、マラソン速かったアヤミも、

部活を引退し、しかも重度の貧血だったこの頃。

あ~、つらかったぁ。

大人って、

マラソン大会がないから幸せだね・・・。

 がんばれ青春! 

大変な後には、きっときっと幸せがあるよ☆

|

足元から

Dsc_1037

 ひな、冬のブーツはこれ。

 てんとう虫☆

ひなのブーツが欲しいな~と探していたところ、

ルームシューズとして売られていたよ。

 子どもだし、かわいければいいか☆

ひなも、「ぼたん~ いっぱい~」「てんとむし!」

と、気に入っているようです。

タイツにブーツ。 アヤミの大好きなスタイルです。

Dsc_1035

 「おしゃれは足元から」

先日、アヤミ車を洗車してくれていたパパが言いました。

(車好きのパパ。人の車洗うのも楽しいんだって☆)

アヤミの愛車は、こだわりの白ホイールなんだけど、

マメに磨かないと、薄汚れてしまって、もったいないと。

「おしゃれは足元から」

ホイールとタイヤをきれいにしておくだけで、

車全体がきれいに見えるんだって☆

勉強になります。

 服も車も同じ。

きれいな、かわいい、こだわりの靴をはいて、おしゃれを楽しみたいね。

Dsc_1075

 ひなに、パパのおしゃれ心が伝わりますように☆

|

ママの目の中に

Dsc_0304

 「ままの めに・・・」と言って、ひなが目を指差すので、

「誰がいる?」と聞いたら、

「おともだち!」 だって。

 目に映ってる自分を、誰か別の子どもだと思うんだね。

「ホント? よく見て?」と、もう一度聞いたら、今度は

「あかちゃん!」 ですって。

 もっと小さい子だったか・・・と思ったのだろうね。

まだ、自分だとは分からないようです。

Dsc_0480

 パパが小さい頃、お母さんから、

「自分のことを好きでいてくれる相手の目には、自分が映るんだよ」

って教えてもらったんだって。

 だから、相手の目に自分が映ってるかな~

好きでいてくれるかな~ って思って、

人の目を見て話したりするようになるんだね。

 そんな風に教えてくれるお母さんと、

それをいつまでも覚えている純粋な子と、

どっちもステキだな~って思った。

 ひなにも、そう教えてあげよう☆

ひなが好きだから、ママの目にはひなが映ってるんだよって。

|

かわいがられっ子 

Dsc_0868

 ひなはホントにたくさんの人にかわいがられて、

とっても幸せだなぁ・・・

 「かわいい かわいい」

と言ってもらって、手をかけてもらって、笑顔を向けてもらって。

こんなにたくさんの愛をもらってたら、

絶対かわいくなるよね☆

 ひなの本来持ってるかわいさは小さいものだとしても、

周りの皆が与えてくれる環境で、ひなはそれに応えるように

にこにこして、「あぃがと☆」ってお礼を言って。

喜ぶかなって、変な顔してみせたり。

皆が、ひなのかわいさを引き出してくれるんだよね。

Dsc_0861

 ayacoに、あきらに、Yさん、遠くからひなに会いに来てくれてありがと~。

みえつんもアヤミひなを大好きでいてくれてありがと~。

ひなをかわいがってくれる人がいて、

だから、ひなはかわいくいられます。

 こういう環境で子育てができて、幸せだなぁ。

みんなみんな、どうもありがとー☆★☆

|

はんぶんこ

Dsc_0845

 アヤミ、白パン好きを言いふらしてきたので、

手作り白パンプレゼントしてもらっちゃったよ☆★☆

 仲良しのなおちゃんのママ、ありがとうございます!

ふっくら、しっとり、もちもちで、あぁ 理想の白パンでした。

一緒にいただいた、りんごジャムと、

それから、ぴーすけさんにももらったラズベリージャム。

ひなと競うそうに、おいしく、幸せな気持ちでいただきました。

「にゃむ~」と言って、ひなはジャムを催促しながら。

Dsc_0835

 ひなが、チョコレートや甘~いお菓子を見つけてしまったとき。

「ママと半分こしよ☆」

と言って、半分以上アヤミが取り、ひなには10分の1くらいを、

「はい、半分こ☆」と言って、あげます。いつも☆

 そんな半分こを覚えたひなは、おいしいものはいつも半分、分けてくれます。

「はんぶんこ♪」と言って、アヤミと違ってちゃんと半分を「どーぞ」。

優しい子。 分けた後は、ちゃんと

「いいこぉ~」と自分で言って、自分の頭をなでなでしているひなです。

 今回も白パンを半分こしながら、仲良くいただきました。

なおちゃんママ、ぴーすけさん、ありがと~☆★☆

いつか、自分で白パン作りたいよ。

こんなステキな白パンが作れれば、一気にお料理上手ママになれる☆

|

泣き日

Dsc_0794

 久しぶりの快晴。

久しぶりのご近所ママ達集合。

 2人目出産後、少し落ち着いて2人連れてお出かけできるようになったお友達。

動き回るひなクラスの子どもを抱え、さらにおチビちゃんをおんぶし。

 わぁ。 ママって偉大だなぁ。

あっちも、こっちも、ちゃんと気を配って、子ども達を見守っているんだね。

尊敬しちゃうよ。

Dsc_0817

 きっと、そういう状況になったら、向き合っていかなくちゃならないし、

最初はとまどって、不安で、たまには泣いたり、先輩に支持されたりしながら、

だんだん、だんだん自分らしく馴染んでいくのだろうね。

 何でも同じだよね。

そうやって、みんな自分のできることは他の人に伝え、分からないことは教えてもらい、

乗り越えて、レベルアップしていくんだね。

勉強になります。

Dsc_0801

 ひなは、少しお姉さん(だけど同級生)のみーちゃんと、

手を繋いで、どこまでも歩いて行きました。

2人だけで遠くに行ったなぁと思ってよく見てると。

優しいみーちゃんの手を引き、「あっちいこ?」「こっち?」「どしたの?」

と、先頭きって進み、仕切っているのは、ひな☆

 少しイヤそうなみーちゃんの手を離さず、あっちこっち連れまわしていたのでした。

あぁ。仕切り屋ひな。

 少しづつ、お友達との関わりも学んでいきたいね。

導いていかなくちゃね、ママ。

Dsc_0717

 暖かい日差しの下、ぴゅあぼうと遊び、みーちゃんと遊び、

唯一の男子Rちゃんと遊びたいんだけど、軽くスルーされながら、

存分に楽しんで、フライングして早お昼を食べ。

 早起きのひなは、とっても眠かったのだろうね。

滑り台から勢い余って、背中からドスン!と落ちてギャー☆

急な坂道を登って、滑って頭を打ってギャー☆

保育園の元気いっぱいの子達にも圧倒されて、ちょこちょこちょこちょこ泣いてました。

いつもは、こんな転んだくらいじゃ泣かないのにね☆

保育園の先生にも、「保育園に入ると、強くなりますよね」なんて、

ひなの軟弱ぶりを指摘されてしまった☆

Dsc_0790

 大粒の涙を流し、汚い顔で果敢に登るひな。

これぞ、ひな。

思い通りにならないから、泣いて解決してもらうんじゃなくて、

自分でできると思ったのに、できなくてくやしくて、ちょっと泣いちゃうけど、

諦めずに、やりたい!ってがんばっちゃう子。

 そういう子になって欲しいよ。

(だから、ひなが泣いてもすぐに助けず、写真を撮ってるんだよ、ママは☆

Dsc_0749

 今までは、大人と同じ数の子どもって具合だったのが、

今や、大人より子どもの数の方が多い☆

 こうやって繁栄していくのだね。

いろんな子がいて、いろんなステキなところがあって。

暖かいこと、泣いちゃうこと、いろいろ経験して、ステキな子にな~れ。

|

おとふん

Dsc_0392_3  

 ひなは、かなりおしゃべり上手。

女の子だから、話すのが好きなのね。

あっという間に新しい言葉を覚え、使いこなす。

 そんな、おませなひなも、やっぱりまだ一歳児。

何度言っても、間違えちゃう言葉がある。

 「おとふん」

Dsc_0409

 お布団って言いたいんだけど、

どうしても「おとふん」になっちゃう。

「ひなのおとふん、ちょーだい!」

はっきり、しっかり、「おとふん」

さらには、

「おとふん、あっかた~い☆」

Dsc_0444_2

 自分でも、何度も言い直されてるうちに、

気をつけなくちゃ☆ と思うらしく、

この間は、お豆腐のことを

「おふとう、ちょーだい?」と言った。

お布団とお豆腐と、ぐちゃぐちゃになってる☆

Dsc_0438

 何でもできるような顔して、なんでもやっちゃうひなが、

自信をもって間違えるからかわいいよね。

 いつまでもそういうあっかたい子でいてね。

暖かい子ひなた。

|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »