« 1歳6ヶ月健診 | トップページ | 山形へ »

山田かまち美術館

Cimg4822

 富弘美術館に引き続き、かまち美術館にも行ってきました。

ひなと、仲良しのayacoと。 仲良しのブーちゃんはお留守番。

ホントは別の日を予定していたんだけど、急用が入ってしまったので、再び予定を合わせて決行。

 そしたら・・・

ものすごい偶然で、その日はかまちの命日でした・・・

30年前のこの日、17歳のかまちは感電死してしまったのでした。

何も知らずに、かまちの作品に触れたくなって出かけていったけど、

かまちと私達の波長でも呼応したかな?

ayacoは思いっきり鳥肌を立てていました☆

運命?!

Cimg4823

 何度もかまちの作品を見てきたけど、

その時々、自分の精神状態、成長具合によって、感じ方が違うのがわかる。

ものすごく繊細で、多感で、自分にも、周りの人にも、世界にもたくさんのあふれる感情を向けて、全身で生きてきたんだなぁ。

 同じ年代のとき、そしてその時代を同じように悩んで考えて経てきた今。

いろんな気持ちが生まれてくるよ。

 今回、ひなはかまちが小学3年生のときに描いた動物たちの絵を好んで見てました。(きっとね☆ 大部分は寝ていたし☆)

いつか、ひなが17歳のかまちに近づいたとき、また一緒に来たいなと思います。

そのとき、ひなはどんなことを感じるんだろう。

ひなの感性はどんなのだろう。 楽しみだな。

 太陽の子ひなたは、同じ太陽の子の天道虫(てんとうむし)の葉書を一枚お持ち帰り。

たくさんのちいさなキリンの絵は、アヤミお気に入り。 ayacoからプレゼントしてもらっちゃった☆

 どこに飾ろうかな☆

17歳のポケット (集英社文庫) Book 17歳のポケット (集英社文庫)

著者:山田 かまち
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 1歳6ヶ月健診 | トップページ | 山形へ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事