« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

くちゃい!

Cimg4700

 最近、ひなの覚えた言葉。

「くちゃい!(臭い)」

 先日、パパとひなで散歩して帰ってきた時、

どこで遊んだのか、ひながなんだか臭う。

臭いの元を突き止めようと、アヤミがくんくんひなの全身を嗅いで、

「臭い!」と、何度も言っていたから…。

 ひなは覚えたての言葉を、的確に使います。

アヤミの足元に、ぎゅうーっと抱きついて「くちゃい!」

洗いたての洗濯物に顔をうずめて「くちゃい!」

 たぶん、ひなにとっては本当なんだろうね。

でも、人前でやられると、本気で恥ずかしいから。

ちょっと気を使って欲しいわ☆

|

初プール

Cimg4749

 水着を着ての、初プール☆

いつもは近所の公園や児童館で、Tシャツにショートパンツのまま水遊びしちゃうもんね。

おむつをはずして、直水着。

ずいぶんすっきりした気持ちになったのでしょう。

ひな、おもらし…。

あれ? 水たまりがある…と思ってよく考えたら、おしっこ!

ひな?! ひなじゃないよね? と、慌てておしりをチェックしたら、ばっちり濡れていました…。

ごめんなさい。 きれいにきゅっきゅしました。

Cimg4755

 その日は、ちょっと肌寒いくらいの日だったけど、

ひなは存分に楽しみました。

移り気なひなだけど、このぞうさんじょうろはとっても気に入ったようで、最初から最後までこれで遊んでたよ。

プールに沈めて水を入れ、思いっきりひっくり返す!

ばしゃーん☆

じょうろのしくみは分かってないようです。

仲良しのぴゅあぼうが貸してと言っても、絶対に渡せませんでした☆

30分も遊んでいたけど、ホントに寒くて、最後にはブルブル震えて青くなっていたひなですが、

楽しくて楽しくて、出たくない~!!!と、泣き叫んで抵抗していました。

水遊び、大好きだね。

Cimg1561

 一年前のひな。

同じ水着を着て、初めてのプール体験。

やっとお座りして遊んでるね。

我が家のプールも、空気を入れて遊んであげなくちゃね。

楽しみ楽しみ☆

|

納涼祭

Cimg4742

 アヤミ母の勤める幼稚園の、納涼祭に行ってきましたよ。

去年、園長先生に作ってもらった甚平も、ぴったり。

ひなはお豆ちゃんだからね。

(ちなみに、アヤミも去年ひなに甚平作ったけど、かなり適当だったから、一年しまっておいたらぐちゃぐちゃ。やっぱり、丁寧に作られたものは、ずっと使えるんだね。反省。)

 普段、女の子らしい色の服など、着せてもらえないひな。

こんなに赤い甚平も似合うね。かわいいね。

 幼稚園児に混じって、お祭りの音楽に合わせ体を動かすひな。

ただ体が小さいだけで、顔つきも、行動も、格好も、幼稚園児のつもりのひな。

小さいけれど、いっちょまえ☆

100_1300

 一年前のひな。

まだお座りもできなくて、パパに支えられて、やっと写真を撮ったんだね。

今でも、まだまだ小さいけど、自分で立って歩き、自分の見たいものをじっと見つめる、意志をもった顔つきになってきたね。

ひな、じっくり、ゆっくり、確実に大きくなっています。

|

富弘美術館

Cimg4653

 ひなと美術館行ってみたいな~という、アヤミの希望が叶いました。

2005年に新館となった、星野富弘美術館。

小さい頃から、地元のステキな人として何度も詩画には触れてきたし、美術館にも行ったりしたよ。

 富弘美術館近いし、新館になったようだし、ひなと行ってみたいな~と思っていたら、偶然にも仲良しのayacoも行きたいという話しをしていて、びっくり! ぴったり! 気が合うね!

 ayacoとなおちゃんと、Yちゃんと、女の子の会にひなも混ざって、森林の中をドライブして行ってきました☆

Cimg4649

 もう、建物がart!

たくさんの円がつながった形の部屋で、壁面も曲線でできていて、ホントにまぁるく、暖かい雰囲気。

 その中に、富弘さんが描いた小さな詩画がかわいく並んでいて。

口に筆をくわえて描いたなんて、信じられないほど繊細でかつ力強くて。

こういう形で、自分を表現できるようになるなんて、ホントに心の強い人だなと思うし、

周りで支えている家族との深い愛情を感じました。

Cimg4655

 それでも、ひなはずっと大人しく見ていられるはずもなく。

外に出て遊んだり休憩しつつ、ごまかしごまかし。

まだ早かったね。

でも、近くにステキな美術館はいくつもあるし、また何度でも来ようね。

いつか、ひなの感性にビビッとくるものに出会えるよね。

ひなと美術館めぐりが楽しめるようになるのが、次のアヤミの希望です。

鈴の鳴る道―花の詩画集 Book 鈴の鳴る道―花の詩画集

著者:星野 富弘
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

アンパンマンミュージアム

Cimg4539

 行ってきました☆

アンパン大好きな、ひなの喜ぶ顔が見たくて。

かなり早起きして、高速を乗り継いで、期待に胸膨らませて。

横浜みなとみらいに新しくできた、アンパンマンミュージアム。

オープン前に並んだので、暑い中けっこう待ち、

入場後も、大勢の子どもと大人でごった返し、その間をすり抜けて遊ぶひな。

やっぱり写真も撮りたいし、ひなを追い掛け回すのも混雑の中一苦労。

Cimg4545

 床に埋め込まれている窓の中にアンパンマンの姿を見つけると、自分も床に寝そべって真剣に見るひな。

窓がある度に、何度も腹ばいになり、狭い中ちょっぴりお邪魔なひなでした。

「ミュージアム」の言葉に、やなせたかしの原画や暖かい絵画を楽しみにしていたアヤミ。

実際には、期待とは違う、小さな小さな子どものための、アンパンマンがたくさんいる、ちょっとした遊び場といった感じ。

Cimg4567

 ひなは、アンパンマンのキャラクターもあんまり知らないし、

「アンパン!」「ちーじゅ!(犬のちーず)」「ドキン!」と言って指差し、

カレーパンマンは自分のほっぺをつまんで表現するくらいだから、

アンパンマンミュージアムなんて、ちょっと早いかな~と思ってたけど。

ちょうどいい月齢だったようです。

もう少し大きくなると、ちょっと物足りないだろうしね。

Cimg4579

 目についた遊具で片っ端から遊ぶひな。

お気に入り場所では何度も何度も繰り返し。

パパやママがいなくても夢中で楽しんでるし、来てよかったな。 

ひなにしてみたら、近所のデパートで遊んだ~と同じくらいの感覚でしょうが。

Cimg4588

 きっと、ひなにはわからないんだろうな。

遠くアンパンマンミュージアムに行ったなんてことは。

帰ってから、「アンパンのところで遊んだね?」って言っても「?」って感じで反応は薄いし。

行く前は、「アンパンのところに行きたい?」と聞いたら、力強く「うん!」って頷いたのに。

 それでも、楽しかった気持ちは残るだろうし、大きくなって大好きな場所に連れて行ってもらったっていう思い出は、愛されている実感に繋がると信じて。

家族の思い出作りにはよかったなってことで。

Cimg4605

 ジャムおじさんのパン工場では、せっかく長蛇の列に並んだから…と、食べきれない量のパン達を買い込み。

お土産屋さんでも、近所でも売っていそうだけど(むしろ、近所でだったら絶対買わないけど)、せっかくだから記念に…と、

いくつものアイテムを買ってしまい。

 入場料と、さらに地元ではあり得ない額の駐車料金(総額3000円)を考えると、

かなり無駄使いしてきました…。

 モノより思い出なのにね。 

思い出作りのために、かなりモノを用意しなくちゃなのね。

Cimg4603

 その日は、パパの実家にお泊りさせてもらって、

たくさんたくさん遊んで帰ってきました。

 アンパンマンミュージアム・・・ パパはかなり酷評していたし、

同じミュージアムなら、本家の四国にあるやなせたかし美術館に行きたいなとアヤミは思う。

 でもでも。

ひなが喜べば、それが一番いい。

おじいちゃん、おばあちゃんにもたくさんかわいがってもらい、きっといい時間が過ごせたはず。 楽しかったね。

|

パパの公園情報

Cimg4491

 最近、パパはとっても公園に詳しいです。

会社の人に、近隣の公園情報を教えてもらったようで、

土日の度に、「今日は、〇〇行って、△△行って、帰りに公園行こう!」

さらに、「ボール持って、シャボン玉も持って!」と、用意周到。

いつでもどこでもパタパタと走り回っているひなは、

広~い芝生の公園でも走っては転んで、あっちこっち行っては振り返り「おーい!」

ホントに楽しそう。

Cimg4497

 ひなが歩けるようになってから、公園に行く機会も増えたけど、

パパからの提案で出かけることが、アヤミはうれしい!

今まで知らなかった場所に、期待しながらわくわく行くのも楽しい!

パパもひなもとってもうれしそう☆

こうやって家族みんなが共通して楽しめる時間は貴重だね。

これから先、それぞれの嗜好が変わってきたり(主にひな☆)、タイミングが合わなかったり、みんながみんな楽しい!っていう時間は減っていってしまうのかもしれない。

まだまだ先のことかもしれないけど、時間はホントあっという間だからね…

この貴重な大切な大切な時間を、存分に享受しなくては…☆

Cimg4500

|

アンパンにちゅうちゅう

Cimg4473

 気が付くと、ひな。 

アンパンマンのマントをぎゅっとつかみ、ストローを押し付けていました☆

 とっても暑い日、喉の渇いたひなに飲み物を渡すと、自分で一気飲みした後、

アンパンマンにもおすそ分け。

いつの間に、こんな「ごっこ遊び」を覚えたのだろう。

いつの間に、こんな優しい子になったのだろう☆★☆

まだまだ一人っ子の世間知らずで、お友達ともべったり関わって遊んだりしないし、誰に教えてもらったわけではないのに、ちゃんと小さいものをかわいがったり、自分のものを分けてあげたり、覚えていくんだね。

Cimg4479_1

 さらに、お気に入りのひな用うちわで、アンパンをパタパタ。

自分だけじゃなくて、ちゃんとアンパンまで仰いであげるんだね。

 このうちわは、「小さくてかわいかったから」と、仲良しのアキラが、ひなにお土産にくれたんだ。

ayacoとおそろいで、アヤミもステキなうちわをもらったよ。

(久しぶりの女の子会、ホントにホントに楽しかった! ひなはお留守番だったから、アヤミ存分にはしゃいでしまいました☆)

ひなは、小さいのが自分の☆ と、ちゃんと考えているようで、

大きい方のうちわは「はい!」っとアヤミに渡し、小さいうちわでいつまでも遊んでいるよ。

大人と同じもので、ちゃんと自分用にあつらえてもらった感じがうれしいのだろうね。

よかったね。

ひなのことも、大事な一人として考えていてくれるステキな友達がいて、アヤミもとってもうれしい。

よかったなぁ☆ どうもありがとう☆★☆

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »